MSmark&logo m.png

03

自己催眠・催眠術

222.png催眠術を学ぶことで、人の心の多様性を学ぶことができます。
催眠術にかかった体験をしたことがない人は、催眠術をかけられた人の行動や心の状態が、信じがたい現象に映ることでしょう。
テレビなどでやっているのはヤラセだよ、とうてい信じられないという印象を抱かれる方が多いと思います。催眠にかかりやすい人もいるかもしれませんが、みんながあんな風になるとは考えられないと思われる人も多いでしょう。
確かにヤラセ番組も存在することでしょう。でもすべてがそうではなく、催眠術下での多くの人たちの心の状態は、真実の反応なのです。
テレビなどで行っている催眠現象は、出演者みんなが同じことをしている場合もあるでしょうが、ほとんどは、違った状態に導かれています。それが、個人差であり、心の多様性である個人の催眠感受性に合った状態を、うまく誘導して導き出しているのです。
催眠術とは、不思議な魔法のような“術”ではなく、心の状態を踏まえ体系づけられた“技術”なのです。

私の専門は、催眠療法として、心の病や精神的苦痛を治すことです。しかし、心の問題全般に関していえることですが、催眠術が使えないと心の原理が分かっているとはいえないと考えています。催眠術を使いこなせて初めて、催眠療法においても専門家としての知識と技量があると判断できるのではないでしょうか。
私のところに催眠術を習いに来られている方々は、実際に参加して体験して、初めて催眠状態の現実に触れ、驚かれています。けっして、まやかしでも、ヤラセでも、特殊な異常心理状態でもないのです。もちろん、魔法でもありません。このように誘導すると人はこうなるといった、心の原理に沿った出来事なのです。111.png
催眠術を学びに来ている人々は、ショーマンになるためではなく、真摯に人の心の研究に感心があるという方が多いです。
催眠術をマスターするために書かれた本はたくさんありますが、それを読むことのみでマスターすることは、生まれつきの適性があったとしても、不可能に近いといえるでしょう。もし可能な人がいたとすれば、実際に練習できる最適な複数の練習相手に、幸運にも恵まれた人でしょう。
なぜなら、書籍だけでは、現実に催眠現象を体験できないからです。実際にいろんな人に実践しながら、心の多様性や多彩な催眠現象に触れて、初めて実感し、学べるものです。       続き.png