MSmark&logo m.png

02

心の病や症状など

パニック障害・不安障害の克服

一月ほど実家に帰っていると、その問題の人と会うこともないという安心感からか、外にも出られるようになって気分も回復した。しかし、また再び家に戻ったら、その問題の人に顔を合わせることを避けながら過ごすことがストレスになり、気分が深く落ち込みはじめ、いままで経験したことがないような不安感が起きた。
ある日、夫が忘年会で家に帰らず泊まる予定になっていて、自分と子供たちだけになるという日があった。前の日からなんとなく不安だった。
以前、夫がいなくて子供と3人のとき起こった不安感が強烈だったのであんなになったらどうしようっていう不安にかられていた。
仕事のお付き合いだから、主人にやめて欲しいとは言えなかった。
主人が出かけた後に急に気分に変調をきたし、気が付いたら台所に立っていて包丁を持っていた。「死にたい」という気持ちが沸き起こりつつも、正気に戻っていく中で、ここで自分が死んでも、祖父母がまだ若いので子供たちを育ててくれるだろうという気持ちと、子供たちだけ残したら、事故や病気で死ぬのだったらまだしも、親が自殺したとなれば将来子供の心に傷を残すだろうと考えたり、葛藤が激しかった。
ふと気づいたら横に娘がいた。娘に向かって「一緒に死んだらあなた達のことも気がかりじゃなくなるからお母さんは楽になれるよね」「あなた達だけ残して死に切れない、一緒に死のう」って語りかけていた。娘は驚き、親しくしていたお隣の家に駆け込んで泣きながら母の状況を伝えた。隣の奥さんが駆けつけてなだめてくれた。
夫の職場にも連絡してくれて忘年会を取り止め夫が帰ってきてくれた。
その事件は落ち着いたものの、その後、無意識のうちにまた死のうとしないだろうかという不安感が強く起こるようになった。しかし、「絶対に刃物をもって死ぬようなことはしない」と強く何度も自分にいい聞かせて過ごすうちに、台所に立つのが怖かったのに、しだいに包丁を持ち料理もできるように戻っていった。
しかしその後、一人で乗り物に乗ったとき、以前一人でいた時に経験した異様な感覚に襲われた。「ああ、またあんな感覚に襲われたらどうしようか」と思ったら、いろんなことが蘇り、「自分が無意識のうちに周りの方に迷惑をかける様な行動をしてしまうのではないだろうか」とかいう気持の葛藤が起きて、何もしてはいないのにそういう不安に襲われて次の駅で降りてしまった。用事を済ませるという余裕もなく、状況を良く知っている親しくしている友人に連絡をして迎えに来てもらった。
この日を境にその後、乗り物に乗れなくなってしまった。

この最初に乗り物で症状が出た日の彼女を取りまく心理的ストレスを探ってみると、一緒に死のうと子供を自殺の道ずれにしようとしたことで、子供に精神的傷を与えてしまったことに相当な後悔があった。しかも、無意識に行動をしてしまっていた自分が怖かった。二度と無意識に変な行動をしてはならないという強いこだわりが、予期不安を強めていったことも事実。この予期不安が、乗り物に乗っているときに、以前の異様な感覚を蘇らせた。
しかしながら原因はそれだけではなく、もっと心底に深いストレスがあった。
彼女の心情として夫には申し訳ないという気持ちと、責めることもなく優しく接してくれる夫に感謝の気持ちは確かにあった。
もし、夫が自分を理解してくれずに責めたりする性格の人だったら、自分はもっと症状がひどくなり、この世にいないんじゃないかとも考えていた。「今自分が存在するのは夫のおかげなんだから、たとえ夫に対して不満があったとしても、夫には申し訳なくて何も言えない」という気持ちが前にも増して強くなっていた。
だがもう一方では、自分ひとりでいろんな苦痛やストレスを抱え込み耐えることを受け入れるしかないという状況と思いが、精神的に彼女をどんどん追い込んでいった。でも本当は夫に助けて欲しいという心の叫びがあった。こういった自分の性格からくる苦痛を夫が理解して手を差し伸べて欲しいのにという不満も無意識の中に広がっていた。それほど苦しかった。この孤独から夫に救い出して欲しかった。夫が「我慢しなくていいんだよ」といってくれても、自分にはできない。口だけではなく行動で関わって救って欲しかった。ある意味では夫や自分の将来に不満と絶望を感じていたといっても過言ではない。
しかし、そんな要求を自分から夫に出来ないことは重々わかっていた。
自分が甘えきれないのは素直じゃないからだと自分を責めてしまっていた。
こういった症状に苦しむのは、自分の生まれ持った性格が悪いからなんだと責めていた。気も弱いし、自分の性格がそういった症状を生み出してしまったんだと思っていた。自分はいつも何かあると機嫌が悪くなって、相手を嫌な気分にさせてるのに、夫や周りからそういった影響を自分が受けると耐えられない。
「どうしてそんなに家族なのに気を使うの」ってお友達から言われる。言われることは分かるのだけど、自然に心がそういう風になってしまう。
このまま生涯にわたって自分の性格は変われない。それは生まれ持ったものだから仕方がないと諦めて生活していた。
頭の中では言われていることが分かるのだけど、同じようなことが起こるとやっぱり同じように何にも言えない。相手に理不尽なことを言われても、相手の怒りを納めるために自分のほうが謝ってしまう。そして、冷静になってから、自分はそうじゃない、何で自分は意見をはっきり言えないんだろう。自分はいい年して弱くて情けないなと自分を責めていた。周りの人も「後でそう思うぐらいだったら、どうしてそのときそう言わないの」って、「自分が弱い弱い言っているけどそれは逃げなのよ。どうして強く言えないの。一回でも強く言えたら、相手の人も次からは言わないようになるのよ。あなたが相手をそう仕向けているのよ」って周りの人から言われ、よく分かるし、そのとおりだと思うけど、その方の前に立つと金縛りにあったみたいで、言葉も出ないし、正気ではいられない、血の気が引く感じになっていた。

誰もがそうだが、彼女は自分の知っている知識の中で自分が陥っている心理的な原因を探り間違った結論のまま乗り越えられないとあきらめていた。
このような心理状態と症状が出るのは、自分の経験したあのトラブルがトラウマとなって、自分を苦しめているんだと考えていた。
また、生まれ持った性格に問題があり、自己嫌悪に陥っていた。

続きを読む ≫≫≫
パニック障害は治せることを、脳科学の視点でも紹介しているサイト ≫≫≫